雛人形の歴史

禊や払いの儀式のときに、紙や藁で作った人形を使っていたことが始まりとなっています。その後、平安時代に貴族の女児が紙で作ったお人形を紙で作った御殿のなかで遊ばせ、安土桃山時代には遊びから雛祭りと移り変わり、江戸時代初期にはお内裏様(男雛)とお雛様(女雛)を飾り、後期には今の形となり庶民にも広がりました。

雛人形に関するよくある質問

雛人形はなぜ飾るの?

雛人形の歴史は古く、子供の健康や幸せを祈る親の願いとして現代にも受け継がれ飾られています。

親の雛人形を子供に受け継がせてもいいの?

古くは流し雛と呼ばれており、病気や災厄を身代わりを引き受けて流していた雛人形。そのため一人一つが本来の役目でしたが、現代であれば赤ちゃんに新しい雛人形を購入し、母親の分は隣に飾る方法が得策です。

長女用に購入した雛人形を次女、三女と共有ってできますか?

すでに家にある雛人形は、共有は好ましくないため、それぞれに用意してあげるのが一番です。ただし、自宅スペースにも限りがあるので、一つを用意されているのであれば、コンパクトなものを用意するとより賑やかな雛祭りにすることができます。

集合住宅におすすめの雛人形は?

コンパクトな雛人形は人気があり、ケース飾りや飾り台が収納箱になるタイプなど、たくさんの種類が販売されています。

雛人形はいつ購入すればいいの?

1月初旬から遅くとも2月中旬ぐらいが望ましいですが、赤ちゃん誕生から日を開けずに3月3日を迎えるという場合には、翌年にお祝いしても大丈夫です。

厄災を代わりに受けてもらう

雛人形

雛人形は女の子の身代わりになる形代としての役割があり、女の子に降りかかる厄災を代わりに受けてもらうというのが古くからの慣習です。また、その他にも女の子の成長を見守るという役目もあり、その役目は女の子がひとりの女性として成長しきるまで続きます。そして、雛人形は厄災を代わりに受けるという性質上、使い回しをするのは望ましくありません。新しく女の子が生まれたら、その子専用の雛人形を用意する必要があります。そんな雛人形は、昔は女の子の母方の実家が用意するという慣習がありましたが、現代では誰が購入しても特に問題はありません。両祖父母が費用を出し合ってプレゼントしたり、両親が購入したりするなど、色々な形があります。

本格的なものからシンプルなものまで

雛人形

古くから伝わる雛人形は、金属でできた段を7つ用意し、そこに官女や五人囃子などを並べていくというとても豪華なものです。ただ、現代の住宅ではそこまで本格的な雛人形を飾るスペースを確保するのが難しいということもあって、ある程度簡略化したものも数多くあります。7段のところを5段や3段にする他、お内裏様とお雛様だけを飾ることも特に珍しくはありません。そして、本格的な日本人形ではなく、キャラクターのような見た目をした雛人形を使用する場合もあります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中